株式会社 三洋

加工へのこだわり

TOP > 選ばれる理由 > 加工へのこだわり

合成樹脂加工のリーディングカンパニー

イメージ画像

三洋では、自社工場(八尾工場)や国内外の協力加工工場にて合成樹脂素材の加工を行っています。とりわけ塩ビ素材の加工に関しては、業界の中でも率先して研究・開発を進めてまいりました。

弾力性のある生地、空気や水が漏れにくい生地、加工のしやすい生地、透明度の高い生地など、合成樹脂の特性を最大限に活用し、特徴ある製品に作りあげる「ものづくりの力」は、過去から現在まで多くのお客様に喜ばれております。

「ものづくり」へのこだわり

イメージ画像

「適材」を選定し、「しかるべき加工技術とアイデア」がなければ、素材という木の幹から生まれるすてきな「花や実」ではできません。 「素材と加工技術」は当社の車の両輪ともいえるものです。

ニーズをDESIGNするためには、北の果ての零細協力工場の親父さんから、南の果ての上場企業の素材技術の研究者まで訪問し議論します。 何度も検討した「軟質PP」の高周波加工技術は、材料の配合と加工技術のバランスの上に実現され、現在主流の「軟質PO」と言われる素材開発の起点となりました。

材料配合によるコピーがつきにくいデスクマットを、両面にPETフィルムをラミネートして「完全無移行DM」として販売したことが、現在主流の「非移行DM(オレフィン樹脂コーティング)」の製品開発起点になりました。

箔押し以外の印刷を除く一貫生産の自社工場を中心に国内外の協力工場にて製品加工を行っています。新素材を発見したら、試作室・八尾工場を駆使して「加工技術」を確立し、下請けへの加工指導も実施いたします。

長年の知識や経験をもとに製品の加工~付加価値創造まで幅広く対応することで、「お客様の期待される満足度100%」を日夜目指しております。 また、取扱いの各種合成樹脂の中でもとりわけ「軟質塩ビの加工」に関しては、自他ともに認める、業界を率先した開発を進めています。

三洋の「ものづくり発想力・実現力」は、既に5回開催された「塩ビものづくりコンテスト」において毎回入賞したことでも実証されています。

社内に試作室(実加工機を配備)を設置し、秘密保持を確保された環境で、準本物の見本生産・加工技術の研究・開発製品を行なっております。

自社工場のご紹介 試作室のご紹介
お問合せ

製品に関すること、ご相談、ご質問は
お気軽にお問合せください。

お問合せはこちら