株式会社 三洋

三洋の軌跡

TOP > 選ばれる理由 > 三洋の軌跡
三洋の軌跡

素材の販売から加工、製造へ

1947~現在

当時の出来事

三洋の商品

1947年

創業。

セルロイド商品(石鹸箱、裁縫箱、下敷、筆箱、学生服襟カラー)を販売。

日本国憲法施行。

1950年

 

ビニール生地および加工品販売開始。

「もはや戦後ではない」一人当たりの実質国民総生産(GNP)が上昇。三種の神器(白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫)が普及。

1960年

 

このころ大流行した『ダッコちゃん』

(製造元:宝ビニール工業所)の素材を大量販売。

ダッコちゃん

東京オリンピック開催。

東海道新幹線が開通

東海道新幹線

1970年

3C(カラーテレビ・クーラー・自動車)が普及。人々の暮らしがより豊かになる。

大阪で万国博覧会開催。

「金の卵」時代が変化し、進学率が急上昇。

イメージ画像

学生服襟カラー『ライオン印』が、進学率の上昇により需要増。昭和40年代までヒット商品。

ライオン印

本格的に加工分野に参入。

第一次、第二次オイルショックにより、石油価格上昇。トイレットペーパーや洗剤などの物資買占め騒動、など狂乱物価が社会現象に。

オイルショック直後、製品価格を見直し。適正価格での販売に徹した。

ピンクレディー流行

サマーバッグ(サンオイル+ビーチバック)が大人気。

1980年

東京ディズニーランドがオープン。 このころから、国際化と多様化(レジャーの多様化など)が進む。

レジャーの多様化に合わせ、浮き輪、ビーチボール、ビーチバック等需要が増加。

イメージ画像

プラザ合意、国際化進展。

ソ連チェルノブイリ原発事故発生。

外資系玩具小売店店内サインの製造販売。

1990年

バブル経済崩壊で株が暴落。デフレ進行。

建築現場の生産効率を高める枠材(造作材)へ事業進出。

イメージ画像

2000年

日韓ワールドカップ開催

インターネットの普及、経済のソフト化など、多様化が進む。

経済のソフト化を背景に、キャラクター、オリジナル製品を拡充。

2011年

東日本大震災

防災用品の問い合わせが増加。

お問合せ

製品に関すること、ご相談、ご質問は
お気軽にお問合せください。

お問合せはこちら