TOP > 三洋からのお知らせ > 大阪本社7階に自動運転ロボット「CarriRo」ショールーム開設
お知らせ
2018/04/02

大阪本社7階に自動運転ロボット「CarriRo」ショールーム開設

三洋からのお知らせ


 弊社は、今年4月より大阪本社(大阪府大阪市中央区)の7階に株式会社ZMPが開発した物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」のショールームを本格的に開設しました。
 物流支援ロボット「CarriRo」は、株式会社ZMP の自動運転技術を応用して開発された製品で、現在少子高齢化の流れもあり、急速な人材不足となっている物流業界にて、搬送作業の負荷を軽減し、省人化・効率化をすることを目的として、販売を実施しております。現在物流倉庫のピッキング作業や工場内の工程間配送、駅、空港、商業施設内にて館内物流などで導入が広がっております。
主な機能は以下の通りです。
(1) ドライブモード~ジョイスティックを操作するだけで前後左右に走行します。ほとんど力を使う幸なく荷物を運ぶことができます。
(2) カルガモモード~ビーコンに反応し、作業者や親機となる「CarriRo」に追従することができます。作業者の負担無く一度に3台の荷物を運ぶことができます。
【製品紹介ページ】
https://www.zmp.co.jp/carriro/

弊社は、昨年10月の関西工場設備・備品展にブースを出展するなど、工場・物流倉庫等の合理化ニーズにお応えすべく合成樹脂をベースとした各種製品をご提供していますが、現下の人手不足ニーズに対応し、先進的な自動運転技術に定評のある株式会社ZMP社の「CarriRo」をご提供することと致しました。本製品に関するお問い合わせは、大阪本社(Tel:06-6264-5871)にお願い致します。